ご挨拶

ご挨拶

事務局長 香川正博

事務局長 香川 正博

古民家再生協会群馬 代表理事 田島正章

代表理事 田島 正章

我々の定義では「古民家」と呼ばれる家は、50 年以上経過し、伝統工法または在来工法で建てられた家を指します。50 年以上前には「古民家」が各地方で街並みとして存在し、そこには文化と歴史があり、風情もありました。
ヨーロッパの国々の50 年前と現在とを比較してみても、それほどの変化は見られません。
50 年以上の家々が建ち並び、また新築された家も50 年以上前の家と遜色ない風貌を構え、溶け込むようにして美しい景観を作り出しています。
そこには歴史と文化が表れ、新たに作られる家もそれを繰り返し未来へと続きます。
しかし昨今の日本の住宅は高度成長のため経済の中の「住宅産業」として発展していき、バブル期には経済成長の一端を担いましたが、産業として生み出された家は、接着剤(VOC)だらけの合板や集成材、ビニールクロスなど工業製品まみれです。
欧米からは「プラスチックハウス」として揶揄されています。ヨーロッパは140 年、アメリカは100 年持つとされている住宅が日本の住宅の寿命は今や30 年を切ると言われています。
平均的な住宅ローンが35 年と言われている中、ローンを払い終わる前に価値は0 になるのです。
このままでは日本の大切な文化が失われてしまう、そんな風に感じていた時に人とのご縁を通じて全国古民家再生協会の存在を知り、もしかしてこれが私にとっての天職かもしれないと思うようになり、群馬支部を設立する運びとなりました。
日本の住宅は産業ではいけません。今からでも海外に誇れる家を建てることは可能です。現存する「古民家」の再生と共に、この歴史や文化、伝統を未来の子ども達にも残していくことが使命ではと感じています。
群馬県での活動が地域にとって日本にとって、我々にとって、そして未来にとって有意義なものとなるよう誠心誠意勤めさせて頂きます。

一般社団法人古民家再生協会群馬 代表理事 田島 正章

お気軽にお問い合わせください TEL 0270-61-9531

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人古民家再生協会群馬 All Rights Reserved.